サイト売買基礎編

トップページ > サイト売買基礎編 > サイト売買のメリット

サイト売買のメリット

売却のメリット

サイトを売却するには、運営難や事業からの撤退、資金需要など、様々な背景があげられますが、サイト売買という選択肢で以下のようなメリットを享受することが可能となります。

資金の調達
何らかの理由でサイトの閉鎖を余儀なくされた場合など、サイトを売却することによって、サイトという資産を資金化し、新たな事業に役立てることができます。現在のような売り手市場の場合は、妥当な金額であれば購入希望者が現れる可能性が高く、これまで資本投下してきたものを無駄にすることなく、1つの資産を現金化することが可能となります。
選択と集中
企業によってはサイトの運営だけではなく、様々な事業を展開している場合が多く、サイトを売る(選択する)ことにより、限られた経営資源の集中が可能となります。このようにコア事業を強化することは、競争優位に立ち、企業価値創造を進める上で不可欠です。サイトを売ることによって事業の集中を図り、コアビジネスの強化を可能とします。
存続の機会
サイト運営をやめたいが、ユーザーや取引先のことを考えるとやめることができない。そのような場合でも、サイトを譲渡することで運営から安心して撤退することが可能となります。これまで築き上げられてきた信頼や実績などをサイトM&Aという選択で、可能にします。

購入のメリット

サイトを購入するには、新規事業への参入やシェアの拡大、投資目的など、様々な背景があげられますが、サイト売買という選択肢で以下のようなメリットを享受することが可能となります。

時間を買う
『サイトを買う=時間を買う』が、サイトを買うメリットとしてもっとも大きなメリットと言えるでしょう。サイトを構築するには相当な時間と労力が必要となります。また、サイトを育てるには、更なる時間と労力を要します。したがって、すでに稼働しているサイトを購入することは、様々なコストや労力を含んだ『時間』を買うことと言えます。
リスクを軽減
すでに存在しているサイトを購入することにより、コンテンツの質や収益、アクセス数、SEO有効性などを把握できますので、ゼロからサイトを立ち上げる場合と比べて明らかにリスクを軽減することが可能となります。また、サイトの購入は、定量的に把握できる材料が多いことから、経営的な観点からのリスク予測も比較的容易となるため大きなメリットと言えます。
シナジーを生む
単に既存事業の補完となるだけでなく、自社コンテンツのボリュームアップや充実化を効率的に図ることができるとともに、自社商品の効果的な宣伝や、自社運営の他サイトへのSEO効果、同一ターゲット層の場合のサービス拡充など、多くの相乗効果をもたらします。このように、事業価値創造のシナジー効果を生み出す機会として大きなメリットであると言えます。

ページトップへ戻る