サイト売買基礎編

トップページ > サイト売買基礎編

サイト売買とは

サイト売買とは、サイトの収益性、アクセス数(ページビュー数、ユニークユーザー数)、会員数、独自コンテンツ、SEO有効性などの価値があるウェブサイトを売買する商行為であり、サイトM&Aとも呼ばれる。

サイト売買(サイトM&A)は、2005年頃から始まった歴史の浅い新しいビジネスモデルであるが、ウェブサイトの事業価値・資産価値として認知されつつある背景もあり、
大型案件に留まらず比較的小規模な個人運営のサイトまでもサイト売買市場に流通し始め、それを積極的に有効活用しようとする法人・個人などから有効な手段として注目を集めている。

それを支えるサイト売買仲介業者も現在15社ほどあります。
当サイトでは、サイト売買業者の費用、サービス、特徴などを比較し、これからサイト売買をしようと考えている方々にとって、できる限り有用な情報の提供に努めております。

サイト売買業者によって、サービス提供方法や費用、オプションサービス、取り扱い対象案件など様々です。
M&A業者比較をご覧ください。

ページトップへ戻る